小さい時からそばに居てくれた姉

小さい時からそばに居てくれた姉

今日は姉が我が家の息子に会いに来ます。

私よりも3つ上で、自身も一人息子をもつ母親なんですが、本当にいつも助けてくれる存在なんですよね。

私たちの母は9年前に亡くなっているので、

今回息子の出産も里帰りが出来ず退院してもすぐこのマンションに帰ってきたのですが、

その時も姉が1週間休みをとり手伝いに来てくれていました。

兄妹の中では姉が三番目で長女なのですが昔から兄達よりもしっかりしていました。

小さい頃は喧嘩もしましたが、大人になった今では姉が居てよかったと本当にそう思うんですね。

我が家はまだ息子一人で下の子の事は何も考えてないんですが、

やっぱり兄弟は居たほうがいいのかなと最近思います。

いつか私達親のほうが先に逝ってしまうので、その時息子が一人だと辛いでしょうね。

私も母を亡くした時一人っ子だったらと思うとどうなっていたのか想像もつきません。

経済的な理由や、体の事で二人目は半ば諦めていましたが前向きに考えようかなと思いますね。

今私の周りでも二人目ラッシュでけっこう多いんですよね。

タイミングだったり、何歳離してとかもあるんでしょうけど、どれぐらいが理想なんでしょうか。

年子は可愛そうとよく聞きます。

2歳だと大変と聞きます。

じゃ3歳ぐらいが好ましいんでしょうか。

3歳ぐらいなら少し話もわかる年になって下の子を思いやれるんじゃないかなと思います。

姉は一人でもう諦めてるらしく息子ももう大きいので家の子供がすごく可愛いらしく、

本当に可愛がってくれます。

「早く二人目作って女の子抱かせて」

なんてことも言われます。

そもそも二人目ができたとこで、女の子か男の子かなんてわからないんですけどね。

でもそろそろ本当に二人目を考えようかなと思っています。

とりあえずそれまでに痩せないと今の体重では子供は作れません。

息子が今年二歳になるので来年ぐらいからかなと思ってるので、

がんばってダイエットして体重を落とさねばなりません。

何かいいダイエット法はないんんですかね。

芸能人の方って出産後体型の戻りがすごく早いんですよね。

やっぱり骨盤矯正とかしないと駄目なんですかね。

姉も産後すぐに痩せてしたし、今も細い体をキープしています。

私も頑張って綺麗なママを目指したいですね。

今、夜はいつも姉と歩いたり、少しの食事制限もしていたりしますが、あまり変化は無い感じですね。

昼間も息子と公園で体を動かしてはいるのですが簡単には減量できそうにありません。

もうそろそろ大好きな姉が息子に会うために来るので、私に会うためではない。

少し部屋の片付けでもしようかなと思います。

今日は雨降らないといいな。

新型ベンツVクラス

生きる期限とどう生きるか

先日、悲しくも脳死判定を受けられて、臓器移植を行ったご家族のニュースを見聞きしました。

最初は『おー。ご両親も勇気あるし、移植された方も助かったんだなぁ…』と思ったんですが、

日を追うに連れ、医学の発達と生を受けることについて、スゴく悩ましい気持ちになってきました。

別に宗教か何かを崇拝しているわけではありませんが、

やはり生まれ持った『生』には個々各々の期間があるんだと思います。。。

医学が発達し過ぎてしまい、

延命治療が一般的になったが為に少子高齢化社会に陥ってしまったように感じました。

勿論人の命が消えることは悲しいですし、受け入れがたいです。

私も、中学2年の時に祖母を癌で亡くし15年経つ今でも悲しみは尽きません。

何かあるごとに祖母を思い出し悲しみに浸ることもあります。

でも、その体験、感情は人としてとても大切なモノなんだろうとも思います。

失って痛みを知る。

怪我をして力加減や痛みを知る。。。

昔はこの痛みがありふれていて、命を慈しむ事が出来たのだと痛切に感じます。生まれてきた意味。

存在した事を、思い出や辛さとして受け入れる覚悟が、

医学が進んだ今薄れてしまっている気がしてしまいます。

昔も、通り魔など無かったわけではないですが、今と比べたら各段に少なかったのでは?と感じます。

今回の臓器移植のニュースが報道される前に、チビを定期検診に連れて行くために朝から運転していたのですが、

その時に武田鉄矢さんがMCを務めるラジオ放送で、

納棺される方が『昔のご遺体は本当に軽く、命が抜けたのだ…と実感できるご遺体がほとんどだった。

けれども、今は延命治療が発達したためにご遺体が非常に重い…。

薬剤着けになってしまっていて、家族や医師が望んで行う行為であっても、意識のない本人はどう思っているか…』っ言っていました。

心臓を掴まれる気持ちになりました。

人が生きる上で。。。

賢くなる過程で何か大切なモノを失ってしまったような思いに浸ってしまいました。。。

勿論、親や子を失うことは耐え難い事。。。

でも、人間として受け入れなくてはならない現実。

笑うことは、人間にしか出来ない与えられたら能力ですが、死を受け入れると言う、

生き物として平等に与えられた能力を衰えさせることは、果たして進化なのか退化なのか。

物理的、心理学的と言う学力を用いたら、きりがない議論になりそうですが、

論理にだけ基づくよりも自分が今どう思うか、どうしたいかを、もっと大切に生きていきたいと思いました。

小さい時からそばに居てくれた姉